福島県の高校入試情報

福島県の高校入試情報 [1.福島県高校入試 基礎知識]

令和2年度入試より県立高校入学者選抜制度が変更されました

入試の概要

受験方法は大きく分けて2種類!

  • ①特色選抜(推薦入試に近いもの) →面接・小論文・実技等+調査書+志願理由書+学力検査(5教科)
  • ②一般選抜(いわゆる入試) →調査書+学力検査(5教科))+面接
ポイント!
どちらの場合も、5教科の学力検査があります。だから、今までのⅠ期選抜のように学力検査なしで合否が決まる入試はありません。学力検査対策は全員必須になります。

※表は横にスクロールできます。

概要 選抜方法 実施時期 定員枠 合格発表日
前期選抜 特色選抜 各高校が「志願してほしい生徒像」を具体的に示し、各高校の特色に応じて実施する選抜 ・調査書 ・志願理由書 ・学力検査・面接 ・小論文、実技(校長の判断により実施) ・学力検査 2022年3月3日(木) ・面接、小論文、実技等 2022年3月3日(木)~5日(土)で学校長が指定した日 定員の5%~50% 3/14(月)
一般選抜 中学校における学習活動の成果を総合的にみる選抜 ・調査書 ・学力検査 ・面接(校長の判断により実施) 定員枠から特色選抜合格者を除いた人数
後期選抜 定員を充足していない高校で実施する選抜 調査書、面接及び小論文(または作文)の結果を選抜資料とし、総合的に判定 2022年3月22日(火) 定員を充足していない高校のみ実施 3/23(月)

福島県の高校入試情報 [2.福島県県立高校 特色選抜]

特色選抜内容
募集定員 全定員の5%~50%の範囲内で、各高校ごとに設定します。
合計点数・配点 合計点数を各高校で500点満点から1000点満点までの間で決めることができます。配点に関しても各高校の志望してほしい生徒像に基づき異なります。当日の学力試験で国数英が2倍の100点満点になり学力試験が400点満点になる高校や、調査書において国数英理社の評定が3倍になり、3年間で285点満点となる高校があるなど様々です。
調査書 中学校3年間の「各教科の学習の記録」「特別活動等の記録」が点数化されます。「特別活動等の記録」を得点化しない高校もあります。調査書の配点に関しては各高校によって異なります。
面接 学校によって形態が異なります。集団面接をする高校もあれば個人面接の高校もあります。得点に関しても点数化する高校もあれば、段階評価する高校もあります。
特色検査 学校によって内容が異なります。プレゼンテーションや実技等を行います。内容は点数は高校によって異なります。実施しない高校もあります。
特色選抜のポイント!
志望校は、どんな生徒に志願してほしいのか?自分自身はその条件に合っているのかなど情報を集めましょう。今までのⅠ期選抜と異なり、学力検査が原則行われます。高校によって内容が異なるので、志望校の情報をしっかり把握しておきましょう。

「一般選抜で合格できる学力を身につけることが志望校合格の一番の近道!」

福島県の高校入試情報 [3.福島県県立高校 一般選抜情報]

一般選抜内容
調査書 「各教科の学習の記録」において、国語、社会、数学、理科、英語の第1学年から第3学年の評定(75点満点)に、音楽、美術、保健体育、技術家庭の第1学年から第3学年の評定を2倍にしたもの(120点満点)を加えて、195満点となります。 「特別活動等の記録」に関しては点数化しないが、精査する高校がほとんどです。
学力検査 (5科目) 国語、社会、数学、理科、英語(リスニングを含む)の5科目の試験です。検査時間は1科目50分です。1科目50点満点で、5科目合計で250点満点となります。
面接 特色のある面接を行う学校や、面接を実施しない学校があります。

学校配点とは?
学校により、各問の配点を県教育委員会が示す標準配点から変更することがあります。

一般選抜のポイント!
最近の入試では、都市部の学校を中心に倍率が非常に高く、また、特色ある入試を行う学校も都市部の人気校が中心となっております。学力検査の特色を知り、入試当日に実力が発揮できる準備をしましょう。

令和4年度 福島県県立高校 一般選抜出題傾向

国語
大問1 漢字 例年通りの難易度。漢字は文章題から切り離した形式。読みの難易度は比較的高かったが十分対応できる問題。文法は動詞の活用形を尋ねる問題であった。 大問2 韻文(俳句) 俳句の鑑賞が中心の問題。切れ字の知識も必要な問題もあったが、季語を直接問う問題は出題されなかった。残りの問題も考えるとあまり時間をかけずに次の問題へ移りたい。 大問3 古文・漢文 違う二つの文章が出題された。それぞれの文章で主張が異なり、グループで討論を行う中で空欄を補充するという形式。近年古文と言うよりは生徒同士の話合った会話文を読む中で本文のあらすじを想像することが出来る。細かい古典文法ではなく、自分自身でストーリー、内容を組み立てられるかというところにかかってくる。 大問4 小説 入試頻出の中学校部活動における話であった。例年通りの難易度となっている。記号問題は選択肢を2つまで絞った中で根拠を見つけられるかが鍵であった。2の記述問題に関しては直後の「里美の口から、いいかげんな答えが出てくるなんて。」だけでは字数が足りないため、里美の人物像が分かる形で「部活動に関して真剣な~」などと付け足すとよい。 大問5 論説文 「言葉」という身近なものが題材であったが子どもたちにとっては理解しづらい内容であった。1の熟語の構成に関しては良く出題されている頻出問題である。思想のみ意味が似た感じの構成となっている。2の本文の該当段落を丁寧に読めば似たような語群が多いがクリアできる。3については本文の内容をしっかりと理解していなければできない問題。授業での会話と整合性を確かめるため、深く本文を読み込む必要があった。5の記述問題は設問をしっかり読むことで答えが見えてくる。すぐ本文中を探すのではなく、頭の中で何を答えるべきか準備してから本文を見るべきである。 大問6 作文 グラフを見て書く練習をしていればそれほど難しくない。 昨年同様標準配点が示され、四,五の記述問題の配点が高い。作文を書くことは必須として、記述に対する苦手意識を早期に克服することが重要である。
国語は一朝一夕で点数に結びつく教科ではないため、日頃から文章題に触れておく必要がある。特に福島県は、論説文が難解な文章であることが多い。論説文は、自分で読む機会を作らないとなかなか読まないので、意識して国語の学習に取り組んでほしい。また、間違えた際には「なぜ本文のその箇所が解答に結びつくのか」を徹底的に考えたり、添削指導を受けたりするとよい。漢字や文法・基礎知識などやれば得点になるものは、毎日5分~10分で構わないので、継続することが大切である。
数学
出題形式は例年と同じく大問7題構成であった。 基本的な計算問題から難易度の高い応用問題まで幅広く出題されている。対策としては、基礎をしっかり固めることはもちろんであるが、基本的な問題であっても解法を身につけるだけでなくしっかりとした「理解」を伴わせる必要がある。また、配点が『方程式の文章題』『図形の証明』『関数』『空間図形』といった応用的な内容ほど高い傾向があることから、進学校を目指す場合、それぞれのレベルに応じて対応する力を高めていくことが必須である。 大問1・2 計算問題、基本問題の小問集合 大問1・2とも基本的な内容が出題された。計算問題の解法・基本的な知識がしっかり身についていれば、すべて対応できる問題であった。どの高校を受験するにしろ、ここで点数をしっかりとることが大切である。 大問3 (1)確率(2)規則性 (1)の確率は、箱から数字の書かれた玉を取り出し、書かれた数字に応じてコインを動かす場合について考える問題。状況の把握に時間がかかるため、様々な問題に触れ、慣れていないと厳しい内容であった。(2)は資料の整理からの出題。出題の仕方に工夫は見られるが、基本的な語句の意味を理解していれば、それほど難しい内容ではなかった。 大問4 方程式の文章題 「2人でじゃんけんをし、勝ち・負け・あいこに応じてメダルをもらえる」といった内容を題材とした問題。典型的な「正確な状況把握」が求められる問題。「一方の勝ち=もう一方の負け」といった状況の理解や、「勝ち」「負け」「あいこ」のそれぞれの場合のメダルの取得状況の整理が求められ、思考力・判断力を養う必要がある内容であった。 大問5…三角形の合同の証明 「仮定」に書かれている内容から「何がわかるか」を順に考えて行けば結論にたどり着くオーソドックスな証明。平行線の錯角から「二等辺三角形」があることに気づくのがカギ。様々な証明にきちんと触れていれば決して難易度は高くない内容であった。 大問6 関数 (2)が「2点を通る直線の式」を求める問題で、例年と比べ難易度は易しかった。(3)は三角形の面積から座標を求めるよく出題される形式の問題であったが、計算の難易度が高く、答えが分数の上に√もある内容であったことから、自信を持って答えられたかが問題。 大問7 空間図形 昨年同様、以前と比べて難易度は下がった印象。結果、安高及び黎明上位合格を目指すのであれば、(2)➁レベルの内容も理解しておく必要がある。とは言え、「三平方の定理」を用いる問題であり、学習するのが中3三学期であることから、短期間にどれだけ取り組むことが出来るかがカギになる。
英語
大問1 リスニング 放送問題1、2、3の構成。 放送問題1は智子とボブの対話を聞いて質問の答えとして適当なものを選ぶ問題。放送で流れる英文に難しい単語は出ないので、上位であれば満点が取れる。
放送問題2は二人の対話を聞いて、対話の続きを答える問題。全文聞き取れなくても、例えば最初の問題(数学の先生になりたいという夢について、その理由を答える問題)では最後の文章で「Why」という単語を聞き取ることができれば理由を答えるということに気づけるので、さほど難しくはない。
放送問題3も比較的簡単な英単語で解答が構成されており、どういった単語が入るかも前後の文章からある程度は想像できる(④の問題はveryの後なので形容詞が入るなど)。
また、リスニング問題に関しては、今回の放送問題3のように見直しができる部分もあるので、問題が終わった後にすぐ大問2にいくのではなく、時制や三単現のS、複数形か単数形かなどの見直しをするクセをつける必要がある。 大問2 文法問題 (1)~(3)の構成。文法問題であるが、文法の知識だけでなく単語もある程度は訳せないと解けない。使用されている文法は、教科書に1回しか出てこないような表現もあるので、「受験生になってから勉強」では遅く、日々の学習をしっかりとしていないと解けない問題が多い。
(1)①直後の文章のfrom herから推測できる。
   ②文脈から「そうすれば」という語を選ぶ問題。命令文+and でそうすればといった使い方をするが、初登場は中3のunit6でちらっとしか出ていない。日々、細かい部分まで丁寧に学習ができていないと解くことは難しい。
   ③feel free toで遠慮なく~と訳すということが分かれば解ける。この文法は中3のunit2で出てきた。
(2)文中にwhatが来る時点で「間接疑問文」か「疑問不定詞」のどちらか。今回は「間接疑問文」だったので、疑問詞+主語+動詞の形になるということが分かれば解ける。
(3)前後の文章を訳し、対応する選択肢を探す。最初から埋めていくより、分かる部分から書いていった方が良い。
例えば、今回の問題では最後の文章で「Ha-ha. That’s better for our health. (ははは。健康にはいいね)」とあるので、その直前の文章は「健康に良く」「笑えるようなこと」であると推察し、エが入ることが分かる(スープに塩を入れ忘れた)。 大問3 英単語、英文解答 難易度はやや高め。英語がもし苦手であれば解くことは難しい。(2)は昨年まで出ていなかった自由英作(絵を見てその状況を説明する問題)だが、難しく考えず自分が書けるレベルの内容を書けば点がもらえるだろう。
(1)新しい教科書になって登場した現在完了進行形の問題。現在完了ということには気づけるが、そこから現在完了進行形であるということに気づくには同様の問題を数多くこなすしかない。現在完了進行形ということに気づければ、さほど難しくはない。
(2)「なぜ英語を勉強しているの?」というクロエの問いに対し、絵を見てそこから修の夢が何であるかを考え、自由に書く問題。絵を見ると観光地らしき場所を修が外国人に何かを解説している様子が見られるので、例えば【 I want to tell foreign tourist many things about Japan 】などと書ければ正解となる。もし英語が苦手であれば自分の書ける範囲の英語力で何かしら書くことができれば、場合によっては部分点がもらえるだろう。 大問4 対話文 ・テーマは「仕事と家族のどちらが大切か」→働き方改革、ワークライフバランスなど社会的な要素のある会話
・総単語数 483語(問題になっていて抜けている会話の部分・グラフ内の単語は除く)
【内訳】
 中1 401語(83%)
 中2 49語(10%)
 中3 13語(2%)
※このうち290語は小学生段階で触れている単語(60%)
※残りは数字、または旧教科書には載っていたが現教科書には載っていない語。
※原型不定詞や仮定法などは使われておらず、関係代名詞を用いた文もそれほど多くないので、文法の難易度は難しくはないが、中2レベルの単語が分からないと本文理解が難しくなっている。
・令和2年、3年と「3人による会話」だったが、今年度は「2人の会話」
・小問構成は⑴~⑸までは例年通り、⑹が条件英作文となっていた。ただし、単語数は5~8語と比較的短いので、自分の書ける単語だけを用いて簡単な文をかければよい。今まで出たことのない形式で焦ったかもしれないが、それほど難易度の高い問題ではない。 大問5 スピーチの原稿 小・中・高の生徒が集うミーティングに参加したことで、「よりよい場所をつくるためには、課題を見つけ、共有することで解決につながる」ことを学ぶ。
・総単語数 479語
【内訳】
 中1 407語(85%)
 中2 67語(14%)
 中3 5語(1%)
※中1の単語のうち245語は小学生段階で触れている単語(60%)
・「注」の語句が何度も出ているため、確認に時間がかかる。よって大問4で時間を使いすぎてしまうと解答時間に余裕がなくなってしまう。日頃から「〇〇分で解く」と時間を意識しながら問題を解く訓練が必要である。
・関係代名詞、疑問不定詞、間接疑問も使われているが、それほど難易度の高い使われ方はしていない。単語も大問4よりは比較的簡単である。ただ、大問4が終わった段階で15分は無いとすべての問題を解くことは難しくなる。
文章の構成としては、体験談が書かれ、そこから学んだことが最後にまとめられている、という例年の形と変わらない。小問は英文を書かせる問題が例年よりも多い。
小問(1)~(4)は例年通り、(5)(6)が前後の文章に沿った内容を記述。(5)については、①、②ともに文章中から探し出すことができれば問題ない。ただ、代名詞の変換に気を付ける必要がある。(6)は、英文を1文書く問題であり、問題の対話の前後をきちんと読み取れればそれほど難しくはないが、時間に迫られている中で間違えずに解くとなると難しいように思われる。
理科
全体分析
 大問8題構成(物理・化学・生物・地学から2題ずつ出題)は変更無し。会話文形式の問題は1題に減少している。記述問題は昨年同様4題であり、問題から推測できるものではないが、問題集などによく載っている記述問題であるだけに、これまで記述問題にふれてこなかった生徒にとっては厳しい構成となっている。計算問題の出題も見られたが、昨年の問題と比較すると難易度は低い。昨年同様基礎となる知識や計算の出題が多いため、これまで以上に直前期の基礎事項の確認が必要となる試験内容である。 大問1・2 生物 昨年の大問1・2は中1・中2単元からの出題であったが、今年は中2・中3単元からの出題であり、福島県では多い出題形式へと戻った。大問1では2年連続で「植物」からの出題となった。植物の分類に関しては基礎的な問題であるが、双眼実体顕微鏡の使い方や、前後の文章に合わせる空欄補充問題で差が出る構成となっている。また問題ではあまり見られない植物も具体例として出題されている。大問2では昨年の「動物のからだ」に対して、「生殖」からの出題となった。聞かれていることは基本的なものが多く、持っている知識を入試でどのように出題されるかを前もって演習しておけば十分に点数が見込める問題である。 大問3・4 地学 昨年は大問3「地震」と大問4「天体」からの出題であったが、今年は大問3が2年連続で中1地学分野からの出題、大問4が「天気」からの出題となった。大問3に関しては、会話文形式の問題であり、特に(4)の問題においては、選択肢にあることばの表現が教科書のものと異なっているものもある。それ以外は教科書をしっかりと読み込むことができていれば、対応は充分可能である。大問4に関してもオーソドックスな出題形式のものとなっていた。記述問題の出題が多い単元であるため、ただ1問1答で語句を覚えるだけでなく、説明できるまで徹底して演習する必要がある。 大問5・6 化学 昨年は大問5で「銅・マグネシウムの酸化」、大問6で「硫酸と水酸化バリウムの中和反応」と中2・中3単元からの出題となっていたが、今年は大問5が「溶解度」、大問6が「酸化銀の分解」であり、中1・中2単元からの出題となった。中3単元からの出題がなかったのは3年ぶりである。大問5では計算問題が出題されているが、上位校を目指す生徒に関してはオーソドックスな問題となっている。大問6の計算問題に関しても同様に、問題文をしっかり読んで比を作ることができれば十分対応は可能である。全体的に基本となる問題が多かった。 大問7・8 物理 大問7は「電流」、大問8は「力の合成」の出題となった。特に大問8は3年連続で中3物理分野からの出題となる。大問7に関してはオーソドックスなオームの法則と回路に関する問題である。2種類の回路の性質をおさえ、各値を公式に当てはめて計算する練習ができていれば十分に対応可能。大問8では、力の働き方と向きが状況によってどう変化するかを読み取る問題であり、力の合成と分解に関する作図の仕組みが理解できていなければ厳しい問題である。計算問題が多い単元であるため、作図や力の働き方などの知識面とバランスよく復習していく必要がある。
社会
例年と同じく、地理・歴史・公民それぞれ大問2つずつ、計6題構成だった。昨年度と比較すると一問一答形式だけでは答えが出ないようにし、何かしら一考させようという意図が感じられる問題が多かったかと思われる。解答自体は覚えのある言葉だが、その言葉に対する知識を求められるような問題が多くなってきたと感じられる。 大問1 世界地理 今年度は東京を中心とした正距方位図法をもとに出題。(5)までの7問構成。質問自体は単純な問いかけが多いが、十六方位を聞いてきたり、人口関係やエネルギー供給の側面から国を判別させたりと、持っている知識だけで単純に解かせないような問題構成が目立った。 大問2 日本地理(関東地方) 今年度は関東地方。ここ数年続いた地形図は絡んでこなかった。(6)までの8問構成。(3)(4)の問題は持っている知識をもとに理解を深めていかないと解答にたどり着きにくいものになっていた。 大問3 歴史(古代~近世) 古代~近代の各時代のカードをもとにして答える問題。(7)までの8問構成。(2)(4)は深い知識が求められるが、他は基礎を過程も含めたうえで理解していれば十分に対応可能。ただし、(6)②の記述問題は相当に書きづらかったと思われる。 大問4 歴史(近現代) 近現代の歴史年表をもとに答える問題。(8)までの8問構成。韓国史の年号整序と他の問は、ほとんどが資料を基に答えさせる問題となっているが、単純に答えさせないように何かしらの工夫を凝らした問題になっていた。 大問5 公民(経済分野) 価格、為替、環境と経済の3単元を中心に出題。(6)までの7問構成。昨年度と比較すると一転して基礎内容の確認が中心の出題。(1)のみ日常生活に絡めた出題だが、難易度はそれほど高くないかと思われる。 大問6 公民(憲法、政治分野) 教科書の第1章から第3章までの範囲を幅広く出題。(6)までの7問構成。基礎知識を押さえておけば対応可能な問題が多いが、内容が考え方や用語の意味そのものを問う問題が多い。また、ここ数年は憲法条文の穴埋めが出題されているので、大変だが、前後の内容などから推測できるようにはしておきたい。
※今年度の記述問題の特徴として、「資料や前後の内容からわかることを書いてください。」といった出題が多く感じられた。この手の問題だと「答えてほしいことは何だろう。」という部分で悩むことが多くなってくる。対応できるようになるためにも過程やどのような特徴があるから覚えなくてはいけないのか。といった部分を意識して普段の勉強に取り組むようにしてほしい。
このページのトップへ