福島県の高校入試情報

福島県の高校入試情報 [1.福島県高校入試 基礎知識]

平成32年度入試より県立高校入学者選抜制度が変更される予定です

新たな高等学校入学者選抜制度(福島県教育庁ページ)

学科

学科の種類は普通科、専門学科、総合学科の3つがあります。

特色 大学科
普通科 高校生としての幅広い一般教養を身につけながら、進路に応じた学習をするための学科
専門学科 英語、スポーツ、芸術など、興味・関心のある内容をより高度に学習できる学科、または将来のスペシャリストとして必要な専門的内容の基礎・基本を学ぶことに重点を置いた学科 理数科、英語科、文理科、国際文化科、体育科、美術科、国際科学科、農業科、水産科、工業科、商業科、家庭科
総合学科 普通教育の科目及び専門教育の科目について幅広く総合的に学ぶことができる学科

通学区域

全日制課程の普通科は、出願者とその保護者が住んでいる区域ごとに出願できる高校が決められています。
通学区域は、1県北、2県中、3県南、4耶麻、5会津、6相馬、7双葉、8いわきの8つの学区に分かれています。
隣接学区の普通科へ出願する場合、募集定員の20%の範囲内で入学が認められます。

入試の概要

実施時期 選抜方法・資料
Ⅰ期選抜 2月上旬
  • 志願理由書
  • 調査書
  • 面接
  • 小論文(作文)、実技等(学校、学科による)
Ⅱ期選抜 3月上旬
  • 調査書
  • 学力検査
  • 面接(学校・学科による)
Ⅲ期選抜 3月下旬
  • 調査書
  • 面接
  • 小論文(作文)

福島県の高校入試情報 [2.福島県県立高校 Ⅰ期選抜情報]

Ⅰ期選抜内容
募集定員 全定員の10%~40%の範囲内で、各高校が学科ごとに設定します。
志願理由書 志願する高校の特色をふまえ、受験生自ら志望する動機・入学後の抱負・進路希望などを記入します。
調査書 中学校3年間の「各教科の学習の記録」「特別活動等の記録」が点数化されます。
「特別活動等の記録」を得点化しない学校もあります。
面接 面接の中で、志願者の個性や学ぶ意欲を見るとともに、中学校での各教科の学習内容に関する理解度が確認されます。
特色ある面接を行う学校もあります。
小論文・作文 400字~800字程度で、各学校より示される内容を基に自分の意見をまとめます。
また、数学・英語の内容について筆記を課す学校も増加傾向にあります。
実技 中学校3年間の「各教科の学習の記録」「特別活動等の記録」が点数化されます。
「特別活動等の記録」を得点化しない学校もあります。
Ⅰ期選抜のポイント!
人気高校は非常に高倍率です。志望校は、どんな生徒に志願してほしいのか?自分自身はその条件に合っているのかなど情報を集めましょう。学力検査による選抜試験はありませんが、面接時に各教科、学習内容の理解度を口頭や、文章で出題される場合もあるため、学力も求められます。

「Ⅰ期選抜に過度な期待は禁物。Ⅱ期選抜で合格できる確かな学力を身につけることが重要です。」

各学校独自の筆記試験も実施されています。入試関連の発表に注目しましょう!

福島県立高校入試選抜関連情報(福島県教育委員会ページ)

福島県の高校入試情報 [3.福島県県立高校 Ⅱ期選抜情報]

Ⅱ期選抜内容
調査書 「各教科の学習の記録」において、国語、社会、数学、理科、英語の第1学年から第3学年の評定(75点満点)に、音楽、美術、保健体育、技術家庭の第1学年から第3学年の評定を2倍にしたもの(120点満点)を加えて、195満点となります。
「特別活動等の記録」を得点化する学校もあります。
学力検査
(5科目)
国語、社会、数学、理科、英語(リスニングを含む)の5科目の試験です。検査時間は1科目50分です。1科目50点満点で、5科目合計で250点満点となります。
面接 特色のある面接を行う学校や、面接を実施しない学校があります。

学校配点とは?
学校により、各問の配点を県教育委員会が示す標準配点から変更することがあります。

傾斜配点とは?
学校により、特定教科の配点の比重を1.2倍~2倍にすることがあります。

Ⅱ期選抜のポイント!
最近の入試では、都市部の学校を中心に倍率が非常に高く、また、特色ある入試を行う学校も都市部の人気校が中心となっております。学力検査の特色を知り、入試当日に実力が発揮できる準備をしましょう。

入試関連の発表に注目しましょう!

福島県立高校入試選抜関連情報(福島県教育委員会ページ)

H31年度 福島県県立高校 Ⅱ期選抜出題傾向分析

国語

大問は例年通りの六題構成。読解は韻文(俳句)・古文・小説・論説文とあらゆるジャンルの文章が出され、また小説と論説文はやや長めの文章、かつ記述問題も多い。それに加えて作文もあるため、「速く正確な読解力」「記述対応力」が必要である。

大問1 漢字・基礎知識

漢字の書き取りは例年通り、小学校で習った漢字から出題された。今年度は基礎知識として四字熟語が出題された。基礎知識に関しては、文法・敬語・熟語の構成・ことわざ、慣用句など幅広い知識が求められる。

大問2 韻文(短歌)

今年度は「俳句」が出題された。出題の傾向も例年通り。一つひとつきちんと読んでいけばそれほど難しいものではないが、普段読み慣れているものではないので練習が必要である。

大問3 古文

今年は漢文を書き下した文章が出題された。漢文の知識は必要ではなかったが、漢文独特のことばの使い方に慣れていないと内容を把握するのが難しく感じるかもしれない。ただ、設問中にある現代語の会話文が大きなヒントとなるので、それをしっかり読みながら解くこと。記述問題は、本文から引用すればいいものではなく、内容がきちんと理解できていないと解けない難問であった。

大問4 小説

小問構成は例年通り。記述問題は2題出題されているが、小問3は本文中から引用して解答を作成できるため、答えとなる部分に着目することができればそれほど難しいものではない。小問6は、本文から主人公の心情を読み取り、それを自分の言葉で正確に書かなければならないため、難易度は高めである。選択問題が3題出題されているが、これは一つ一つの選択肢を吟味し、消去法を徹底すれば正答にたどり着くことは難しくない。

大問5 論説文

小問構成は例年通り。小問2で文法問題が出題された。「ない」の識別の問題で、高校受験では頻出。本文のテーマはそれほど難しいものではないが、論説文特有の難しい言葉が多くあり、普段からいろいろなテーマの論説文に触れていないと正確に文脈を把握するのは困難。記述問題は2題出題されたが、小問3(1)は本文の該当箇所を見つけ、そこを引用すれば解ける問題だった。小問6は指定語句ありの記述問題だったが、本文から該当箇所を見つけることができてもそれを字数に合わせてまとめることが難しい問題だった。段落の働きを問う選択問題が毎年出題されるが、この問題がやや難しい。それ以外の記号問題や抜き出し問題はしっかり読んでいけば正答にたどり着ける。

大問6 作文

今年度は今までと少し傾向が変わった。文章の推敲前と推敲後のものを比較し、文章の工夫点を挙げて「文章を書く上で必要なこと」を述べる作文であった。傾向は変わったが、最終的に自分の意見を書くという点では例年通りなのでそこまで難しくはない。ただし、自分の意見を8分程度で確実に書ける力が必要となる。


国語は一朝一夕で点数に結びつく教科ではないため、日頃から文章題に触れておく必要がある。特に福島県は、論説文が難解な文章であることが多い。論説文は、自分で読む機会を作らないとなかなか読まないので、意識して国語の学習に取り組んでほしい。また、間違えた際には「なぜ本文のその箇所が解答に結びつくのか」を徹底的に考えたり、添削指導を受けたりするとよい。漢字や文法・基礎知識などやれば得点になるものは、毎日5分~10分で構わないので、継続することが大切である。

数学

出題形式はほぼ同じで、大問1から大問7までの構成であった。

基本的な計算問題から難易度の高い応用問題まで、幅広く出題されている。対策としては、基礎をしっかり固めることはもちろんのこと、難易度が高い『関数』『空間図形』を攻略できるかが、合格のカギである。(NSGのテキストでいう★マークの4や5ぐらいも出題されている)

大問1・2 計算問題、基本問題の小問集合

基本的な内容が出題される。基礎がしっかりできていれば得点できる問題。普段の学習から、ケアレスミスがないように丁寧に解く習慣付けや、焦らず問題をしっかり読むよう心がけて欲しい。ただし、今年も新指導要領が出題され、またコンパスを使用した作図も出題された。入試当日のコンパス忘れがないよう心がける必要がある。

大問3 (1)確率(2)資料の活用(中1内容)+説明

(1)で確率が出題され、サイコロを使用した問題ではあるが難易度は低い問題であった。(2)は中1内容である資料の活用の中の範囲や中央値を使用し、説明する問題であった。近年では大問3の(2)には中1内容の資料の活用が出題されることが多くなった。

大問4 方程式の文章題

今年は二次方程式の利用が予想されたが、連立方程式の利用が出題された。代金を使用した問題であり、読解力が必要な問題であった。非常に難易度は高く、ここで時間を大きく割かれた生徒も多かった。単品とセット数の問題は受験用教材でも掲載されているため、演習を積む必要がある。

大問5 三角形の合同の証明

円の問題ではあったが、円周角や接線の性質を使用する問題ではなく、平行線の錯角と二等辺三角形の性質を利用した合同の証明であった。難易度は高くはないが、大問4で時間を割かれず、大問5に時間をかけられれば、問題なく解ける問題であった。

大問6 関数

一次関数と二次関数の融合問題となった。(1)は例年通り難易度は低く、(2)は★2程度の問題であった。やはり(3)は難易度が高く、座標を文字式で表し、等式を作る問題である。近年学校で実施される実力テスト、新教研もぎテストにおいても同様の問題が出題されている。よって、受験用教材などでしっかりと演習を積む必要がある。

大問7 空間図形

例年通りの出題ではあるが、三角錐であるため難易度は高かった。(1)は★1程度ではあるが、(2)は★3程度はある。この問題まで正解した生徒は少ない。特に(3)に関してはおそらく非常に正答率は低いと予想される。NSGテキストの難易度であれば最高の★5はあると思う。

英語

大問数は5つ。構成に関しては例年と大きな変化はないが、昨年まで続いた難化の原因である長文問題の読解内容の難易度、及び文章量の多さは軽減された印象が強い。このあたりが理由となり、昨年度に比べれば難易度が下がったと実感した受験生が多かったようである。実際には、リスニングでの難化、長文問題の中に英作文が追加されるなど、4技能の内、リーディングに特化した福島県入試の特徴から、リスニング力・ライティング力を問う傾向へ移行したことは、今後の対策を練るうえで特筆すべき内容と言える。

大問1 リスニング

例年通りの3問構成。形式にも大きな変更は見られなかった。ただ一部の受験生の声として、普段練習を積んでいる模試等のリスニングに比べると、本番はかなり流暢であったということを耳にしている。聞き取る内容も昨年度に比べると、関係代名詞を用いた修飾句が含まれた文が入るなど、今後難化が進んでいく印象が強い。

大問2 基礎文法、並べ替え

形式や難易度に大きな変更はみられない。難易度も例年通り。3年間で学ぶ文法事項から幅広く問われている。様式として対話形式が採用されているので、会話の流れを論理的に判断する力も問われている点は注意したい。

大問3 英作文

会話の流れに沿って、正しい英文になるように空所補充を行う問題と、与えられた日本文をそのまま英作文する形式は昨年と同様。(1)の空所補充は一見すると簡単なように見えるが、excitedとexcitingの正しい使い分けができていないと英語が得意な生徒でも間違える可能性あり。

大問4 対話文

英文読解を資料の読み取りと並行して行う形式。多くの受験生にとって難所となる大問でもある。近年、文章のテーマ自体が難しく、初めて知るような内容(昨年度はフードロス)を本番で読み解く力も求められていた。今年度は、「修学旅行でどこに行きたいか」というどちらかと言うと聞き慣れている内容。問題形式も大きく変更はされていない。一点、茶道の作法を英文で読み取り、その手順が表された図を正しい作法順になるように並び替える問題が新傾向の問題として追加された。

大問5 長文読解

異文化に関する英文を読ませ、語彙力・表現力・内容把握力を各設問で総合的に問う形式。文章量・内容ともに昨年度より易しくなった印象が強い。問題形式として、昨年度は出来事を時系列に合わせて並び替える問題が出題されていたが、今年度は削除された。この並び替えの問題は設問にある4つの英文の内容が長文中のどこにあるかを改めて探し出す必要性があり、その後正しく並び替える作業が求められるため、結果として多くの受験生が時間を取られてしまう傾向にある。このような問題が削除されたことは、50分という時間制限の中で処理する時間的な余裕を生んでいたのかもしれない。一方、これまで英問英答の答えを英語で書く問題は頻出であったが、今年度はさらに疑問詞から始まる英文を作成する問題が問われた。今後の入試におけるライティング練習の重要性は少しずつ高まってくるとのではと感じている。

理科

大問数は9つ。小問集合1題と、物理・化学・生物・地学の4領域から各2題ずつまんべんなく出題された。問題配列、出題分野に関しては例年通り。基本的事項が身についているか確かめる問題が中心であった。基本ではあるが、その語句の意味や原理を理解していないと答えにくい問題も多い。問題の中で提示されている実験も、教科書に載っているものではなく、その場で問題文を読み、実験の目的・内容を理解するものが多い。文章量も多く、暗記だけではなく、思考力・考察力が求められる。

大問1 小問集合

各分野からの基本的な知識を問う問題である。知識がしっかりと整理されていれば、問題なく解答できる。取りこぼしのないようにしたい。

大問2・3 生物分野

大問2では、「光合成と呼吸」について出題された。大問3では、「博物館を見学した生徒の記録」を読んで答える問題にであった。どちらも基本的な内容が中心であり、定期テストレベルの内容を確実に身に付けておくことが大切であった。大問3では、生物の進化と遺伝の内容が両方出題されている。問題文も難しくなく、難易度は高くなかった。

大問4・5 地学分野

大問4では「地層」、大問5は、「地球上の水の循環」について出題であった。大問4は、岩石についてと柱状図の問題であったが、どちらも基本的な内容。大問5は大気の動きと水の循環についての出題。水の循環については、問題内の図から数値・状況を読み取り、計算する問題が出題されている。

大問6・7 化学分野

大問6は「鉄と硫黄の化合」、大問7は「電解質とイオン」の出題。大問6では、化合する物質の質量比を使って計算するが出題されている。難易度は入試標準レベル。大問7はイオンの基本的な問題。教科書内容の理解がポイント。最後に水溶液の判別問題が出題されている。指示薬の役割も覚える必要がある。

大問8・9 物理分野

大問8は「光の反射・屈折」、大問9は「電磁誘導」についての問題であった。大問8では、入射角・反射角の角度を求める問題が出題されている。問題文の表・図から数値を読み取り考えていく必要がある。大問9は、実験の状況を正確に読み取ることが必要。聞かれていることは難しくはないが、実験の意味が理解できていないと正解するのは難しい。


今年度に関しては、昨年同様、計算問題が非常に少なく、基本的な知識を問う問題が中心であった。細かいところまで出題をされているので、基本問題を繰り返し説くことと、その語句の意味やその現象がおこる理由まで把握することで高得点につながる。また、ここ数年の傾向をみると、「化学変化」や「物体の運動」などで、実験結果を正確に読み取り、答えを導く問題が出題されている。教科書の「暗記」だけでは、対応できない部分がある。福島県の入試過去問をはじめ、全国の入試問題で、実験や、観察の状況を読み取り、考える力をつけておくことが、理科を得点するポイントになる。

社会

例年と同じく、地理・歴史・公民それぞれ大問2つずつ、計6題構成だった。昨年度と比較すると基礎、基本を徹底して押さえておけば十分に高得点が望めるような問題内容となっており、全体の難易度としてはかなり下がったと言える。

大問1 世界地理

昨年度が両極を中心とした正距方位図法、今年度は大西洋を中心としたメルカトル図法の地図をもとに各問題を出題。日本を中心としたありきたりなメルカトル図法の世界地図のみでの勉強は避けた方が良い。全体の難易度自体はさほど高くなく、基本事項を押さえておけば十分に解答を導ける問題が多かった。ただし、表の項目や選択肢は惑わせる内容が多く、決め手となる単語や項目をみつけられないと解答を導くのに迷うことになりそうな問題であった。

大問2 日本地理(中国四国地方)

例年通り、地域別の出題となった。一昨年度同様、地方地図内のある都市の地形図とともに出題。地名(山脈名)、工業、農業、グラフ、雨温図の読み取りなど多岐にわたって出題。難易度としては各県、各都市の目立つ特徴を押さえておけば、残りの問題は基礎的な内容に終始していた。

大問3 歴史(古代~現代)

大まかな国際関係史をもとに、国際関係、政治、文化等様々な分野を広範囲の時代にわたって出題。浅く広くといった印象の出題であり、教科書の内容を確認しておけば十分に対応可能。記述問題も、知識として知らないとしても、表にでている1960年の新加盟国の国々がアフリカ州のものだと気づけば、必須語句から内容を推測して対応することはできると考えられる。

大問4 歴史(近世、近代)

幕末から明治にかけての政治史を中心に出題。郷土史が年代整序問題で出題されているが選択肢内にある時代を特定する語句を見つけることができれば十分に対応可能。記述問題を含めて基礎事項の積み重ねと問題をきちんと読み込んでさえいれば特に問題なく対応できる難易度かと思われる。

大問5 公民(経済分野)

少子化が進む中での経済、福祉における課題と対応をテーマに出題。この分野における女性問題はここ数年良く出題されるので事前に抑えるようにしておきたい。福島県の入試傾向として公民分野は基礎事項を積み重ねていけば十分に対応可能な難易度であるが、今年度は法律名であったり、用語というよりは標語(自律した消費者)を答えさせたりとやや細かい部分についても解答が求められた。

大問6 公民(憲法、三権)

生徒2人の会話の内容から様々な政治内容について問う問題。問題集等でも良く出題されるような内容がそのまま出題されており、いずれも基礎事項を押さえておけば問題なく対応できる難易度。

このページのトップへ