福島県の高校入試情報

福島県の高校入試情報 [1.福島県高校入試 基礎知識]

令和2年度入試より県立高校入学者選抜制度が変更されました

入試の概要

受験方法は大きく分けて2種類!

  • ①特色選抜(推薦入試に近いもの) →面接・小論文・実技等+調査書+志願理由書+学力検査(5教科)
  • ②一般選抜(いわゆる入試) →調査書+学力検査(5教科))+面接
ポイント!
どちらの場合も、5教科の学力検査があります。だから、今までのⅠ期選抜のように学力検査なしで合否が決まる入試はありません。学力検査対策は全員必須になります。

※表は横にスクロールできます。

概要 選抜方法 実施時期 定員枠 合格発表日
前期選抜 特色選抜 各高校が「志願してほしい生徒像」を具体的に示し、各高校の特色に応じて実施する選抜 ・調査書 ・志願理由書 ・学力検査・面接 ・小論文、実技(校長の判断により実施) ・学力検査 2024年3月5日(火) ・面接、小論文、実技等 2024年3月5日(火)~7日(木)で学校長が指定した日 定員の5%~50% 3/14(木)
一般選抜 中学校における学習活動の成果を総合的にみる選抜 ・調査書 ・学力検査 ・面接(校長の判断により実施) 定員枠から特色選抜合格者を除いた人数
後期選抜 定員を充足していない高校で実施する選抜 調査書、面接及び小論文(または作文)の結果を選抜資料とし、総合的に判定 2024年3月22日(金) 定員を充足していない高校のみ実施 3/25(月)

福島県の高校入試情報 [2.福島県県立高校 特色選抜]

特色選抜内容
募集定員 全定員の5%~50%の範囲内で、各高校ごとに設定します。
合計点数・配点 合計点数を各高校で500点満点から1000点満点までの間で決めることができます。配点に関しても各高校の志望してほしい生徒像に基づき異なります。当日の学力試験で国数英が2倍の100点満点になり学力試験が400点満点になる高校や、調査書において国数英理社の評定が3倍になり、3年間で285点満点となる高校があるなど様々です。
調査書 中学校3年間の「各教科の学習の記録」「特別活動等の記録」が点数化されます。「特別活動等の記録」を得点化しない高校もあります。調査書の配点に関しては各高校によって異なります。
面接 学校によって形態が異なります。集団面接をする高校もあれば個人面接の高校もあります。得点に関しても点数化する高校もあれば、段階評価する高校もあります。
特色検査 学校によって内容が異なります。プレゼンテーションや実技等を行います。内容は点数は高校によって異なります。実施しない高校もあります。
特色選抜のポイント!
志望校は、どんな生徒に志願してほしいのか?自分自身はその条件に合っているのかなど情報を集めましょう。今までのⅠ期選抜と異なり、学力検査が原則行われます。高校によって内容が異なるので、志望校の情報をしっかり把握しておきましょう。

「一般選抜で合格できる学力を身につけることが志望校合格の一番の近道!」

福島県の高校入試情報 [3.福島県県立高校 一般選抜情報]

一般選抜内容
調査書 「各教科の学習の記録」において、国語、社会、数学、理科、英語の第1学年から第3学年の評定(75点満点)に、音楽、美術、保健体育、技術家庭の第1学年から第3学年の評定を2倍にしたもの(120点満点)を加えて、195満点となります。 「特別活動等の記録」に関しては点数化しないが、精査する高校がほとんどです。
学力検査 (5科目) 国語、社会、数学、理科、英語(リスニングを含む)の5科目の試験です。検査時間は1科目50分です。1科目50点満点で、5科目合計で250点満点となります。
面接 特色のある面接を行う学校や、面接を実施しない学校があります。

学校配点とは?
学校により、各問の配点を県教育委員会が示す標準配点から変更することがあります。

一般選抜のポイント!
最近の入試では、都市部の学校を中心に倍率が非常に高く、また、特色ある入試を行う学校も都市部の人気校が中心となっております。学力検査の特色を知り、入試当日に実力が発揮できる準備をしましょう。

令和5年度 福島県県立高校 一般選抜出題傾向

国語
大問1 漢字 例年通りの難易度。書きよりも読みの方が難易度は高めである。文法は敬語の使い方をたずねる問題であった。 大問2 韻文(詩) 詩の鑑賞が中心の問題。知識を問われる問題はなく、鑑賞文と詩を照らし合わせていけば難しくない。あまり時間をかけずに進めていきたい。 大問3 古文 一つの古文に対し、3人の学生が話し合っている。古文を読んでわからないところがあっても、会話文から読み取れることが多くある。その会話文から古文の内容を読み取れるかどうかが問われる。問題の構成は昨年と変化はない。記述は三十字と比較的多いが、学生がどの文のことについて述べているかが分かれば、難しくない。 大問4 小説 入試頻出の中学部活動における話である。全体の難易度は比較的低いように思われる。記述問題は難易度高めであるが、傍線部分の前後の文章をしっかりと読み取れば対応できる。記号問題は記号一つひとつを文章と照らし合わせ、部分ごとの正誤ができれば対応できる。3の記述は「バスケ部の仲間が自分のことを信頼してくれていた」では字数が足りないため、問題文直前の「仲間の言葉や反応」が具体的にどのようなものか補う必要がある。 大問5 論説文 本の捉え方や読み方について、様々な方法、気を付けることを筆者の経験を交えながら述べられており、文章の構成もわかりやすいものである。1は「とりあえず」の品詞を問うものである。4の記述は、筆者の執筆の際に気が付いたことをまとめる必要があるが、読み取る必要のある文章の範囲はかなり広めである。傍線直前に「メタデータの目印があれば、執筆の際に十分役立つことに経験則で気付いたのです」とあるため、そこから必要な情報を後ろから付け足していくとよい。 大問6 作文 「ユニバーサルデザイン」について、グラフから読み取る問題。グラフを見て書く練習をしていればそれほど難しくない。小説、論説、作文の配点が高いため、少しでも部分点を狙っていきたい。
数学
大問ごとの出題内容は大きな変更がなかったが、出題の仕方に変化が見られる大問もあった。 例年同様、基本的な計算問題から難易度の高い応用問題まで幅広く出題されている。対策としては、基礎をしっかり固めることはもちろんであるが、基本的な問題であっても解法を身につけるだけでなくしっかりとした「理解」を伴わせる必要がある。また、記述問題や難易度の高い問題の配点が高いため、高得点を取るには『方程式の文章題』『図形の証明』『関数』『空間図形』といった応用的な内容を攻略できる力を身につける必要があることがはっきりした。 大問1・2 計算問題、基本問題の小問集合 基本的な内容が出題される。大問1の計算問題はごく基礎的な内容であったが、図形の問題は概念を理解していない生徒にとっては苦労する問題であった。大問2に関しては、難易度は決して高くなかったが、(5)で中2の最後に学習する「四分位数」が出題され、選択問題ではあったが、しっかりと理解していないと正解することが容易でない問題であった。 大問3 (1)確率(2)規則性 (1)の確率は、袋から数字の書かれた玉を取り出す問題。①は「玉をもどす」のに対し②は「玉をもどさない」ため、樹形図等を2回かく必要がある。(2)は2年連続で規則性からの出題。出題に工夫が見られるため、しっかりと状況を把握する必要があり、さらに指定の文字以外の文字を自身で設定する必要があることから、思考力・判断力が問われる問題であった。 大問4 方程式の文章題 中学校の清掃活動のグループ分けをする問題。ごみ袋の配布など出題に工夫は見られるが、しっかりと受験勉強で文章題に取り組んでいいれば、それほど難易度は高くない内容であった。 大問5…平行四辺形になることの証明 円の性質を使った「証明」とそれを利用した平面図形の問題。久しぶりに2題構成となり「平面図形」が出題された。「証明」はそれほど難易度は高くなかったが、「平面図形」の問題があまり見ない考え方を使って解くため、それに気づくためにはかなりの演習量が必要な問題であった。 大問6 関数 例年通りのグラフを使った応用問題であったが、「会話」を問題文に入れるなど、読解力・思考力を問うことを意識した問題であった。(1)(2)は内容さえ把握できれば極端に難易度が高い問題ではなかったが、戸惑った生徒は多かったと考える。(3)に関しては、解法に築いても計算の難易度が高く、苦労した生徒もいたと考える。 大問7 空間図形 大問7では稀な「円錐」を使った問題であった。結果、難易度自体は例年ほどではなかったが、「角柱」「角錐」にしか触れていなかった生徒は(2)(3)は解法の糸口さえ見つけられなかった可能性もある。
英語
大問1 リスニング 放送問題1、2、3の構成。 放送問題1は香織とベンの対話を聞いて質問の答えとして適当なものを選ぶ問題。放送で流れる英文のレベルは中1~中2レベルの内容なので、学校でしっかりとこれまで学習できた生徒は問題なく解けるレベルである。 放送問題2は二人の対話を聞いて、対話の続きを答える問題。全文聞き取れなくても、例えば最初の問題(夕食の準備ができた)では最後の文章で「ready(準備ができた)」という単語を聞き取ることができれば答えにたどり着くことができる。 放送問題3は春香が英語の授業で発表した内容を聞きながら、空欄に当てはまる英単語を書く問題。流れる英文は中2レベルでそこまで難しくは無いものの、リスニング対策をしていない場合はかなり難しく感じるだろう。また、解答として答える単語のレベルはやや難化している。中1のころからしっかりと学習習慣を持ち、コツコツできていない生徒は「聞き取れたが単語のスペルが分からなくて書けない」状況になる可能性もある。 リスニング問題に関しては、今回の放送問題3のように見直しができる部分もあるので、問題が終わった後にすぐ大問2にいくのではなく、時制や三単現のS、複数形か単数形かなどの見直しをするクセをつける必要がある。 大問2 文法問題 (1)~(3)の構成。文法問題であるが、会話の流れを連想しないと解けない問題が多い。使用されている文法は、基本から応用まで幅広く、答えに絡んでくる文法では疑問不定詞や原形不定詞といった不定詞中心のものが多かった。
(1)①be動詞を使うことからイの受動態の形かエの進行形の形のどちらかということがまず分かる。後は文脈から、正解はエであること判別できる。
   ②文脈から適切な疑問不定詞を選ぶ問題。how to makeで「作り方」と訳せることを知っていても解けるが、showを「示す」⇒「教える」と意訳できないと文脈からの推測は少し難しい。日頃から、単語を決まりきった日本語訳だけで覚えず、単語の使い方と訳のニュアンスまで深く学ぶことが大切である。
   ③文脈から適切な表現を推測する問題。細かい文法知識は不要な分、会話の流れ を連想できないと解くのが難しい。今回はスティーブのセリフで「Oh,Mike! Me,too!(おお、マイク!僕もだよ!)」と多少興奮気味なことから、surprisedを使うウが正解であると推察することもできる。
(2)原形不定詞「help 人 do」の問題。教科書では中3のUnit3で出ているが、人ではなく、トキが入っていたため、教科書の例文を丸暗記しているだけでは気づきづらい。原型不定詞の文法を正しく理解し、その上でいろいろな英作文を解いて自分の中に経験値を増やしているかが解答のカギになる。
(3)前後の文章を訳し、対応する選択肢を探す。最初から埋めていくより、分かる部分から解いていった方が良い。例えば、Bの返答でNext weekと答えていることからWhen~?のような「いつ」を聞く「エ」が1に入る。また、Wakaba Junior High Schoolと答えていることからWhat school~?(何の学校?)の「イ」が3に入る。 大問3 英単語、英文解答 難易度は高め。英語がもし苦手であれば解くことは難しい。(2)は昨年も出てきた自由英作(絵を見てその状況を説明する問題)だが、難しく考えず自分が書けるレベルの内容を書けば点がもらえるだろう。
(1)I didn’t「A」to eat food.の「A」に入る単語を考えて答える問題。直前の文章でI’m hungryと純也が言っているので、何かしらの原因があり、お腹がすいているのが分かる。さらにすべての文章を読むと「純也は夜更かしをしまったので眠い」ということも分かるので、「(食事をする)時間が無かったのでは?」と考えることができれば、答えの「have time」に気づける。ただ、文脈から内容を予想することができる国語力が無いと、正解することは難しい。
(2)「昨夜もたくさんゲームをした」という純也のセリフに対し、絵を見て純也が何をするべきであったと思っているかを予想し、それを英文にして書く問題。絵を見ると「10時に寝ること」と「朝に朝食を食べること」が描かれているので、例えば【 I should go to bed by ten and get up early to have breakfast.】などと書ければ正解となる。もし英語が苦手であれば自分の書ける範囲の英語力で何かしら書くことができれば、場合によっては部分点がもらえるだろう。 大問4 対話文 ・テーマは「インドの識字率について」
・総単語数 465語
【内訳】
 中1 229語(49%)
 中2 56語(12%)
 中3 46語(9%)
※※このうち201単語は小学生段階で触れている単語(43%)
※残りは、人名、注釈にある単語
昨年に比べて20語程度減っている。 令和4年度は「2人の会話」だったが、今年度は「途中まで2人の会話、のちに3人の会話」となる。ただ、日本人の中学生、留学生、先生と立場が違う人達の会話となるので、「誰が何を言っているのか」混乱することはほとんどない。 テーマが難しい分、注のある単語が多め。だが、それ以外の単語、文法については基本的なものが多く内容の読み取りについての難易度はそこまで高くない。ただし、文章の後半になるにつれて中2中3で習った単語の割合が多くなるので、単語をコツコツ学習していない生徒は後半の文章に関連する問題が解けなかった可能性がある。 問題は小問6問。うち選択問題が4問。 (1)と(3)は本文の空欄に当てはまる英語を選択する。選択肢の英語に難解なものはなく、会話の流れをつかめていれば全く難しくない。 (2)は表の内容から空欄に当てはまる数字を選ぶ問題。本文が読めていなくても、問題文と表を照らし合わせれば容易に選択できる。(1)~(3)の選択問題だけで全部で8点。書くことが苦手であっても、丁寧に読む練習をすれば得点できるところ。 (4)は本文の内容の一部に当てはまる英語を指定語数で書く問題。本文に似ている表現があるので、そこに着目して抜き出せばよい。ただし問題の文をきちんと読めていないと「ただ似ているだけ」の別の部分を抜き出してしまうことも想定できる。 (6)は昨年同様に条件英作文。今年度は「日本で勉強することと外国で勉強すること のどちらが良いか」について自分の考えを書く。既に文の大枠は示されているので、自分がどちらが良いかを選び、「because」につながる理由を8語以上で書ければよい。あまり難しい英語を使おうとせずに、自分が書ける単語、文法で簡単な英文を書ければよい。配点が3点なので、空欄には絶対しないこと。普段から基本的な英作文に慣れておけばそこまで難しいものではない。 大問5 スピーチの原稿 村の祭りの問題を解決しようと動く中で、「異なる考えを受け入れることは簡単ではないが、それができればより良いものへと変えられる」ことを学ぶ。
・総単語数 515語
【内訳】
 中1 389語(75%)
 中2 82語(15%)
 中3 12語(2%)
※このうち296語は小学生段階で触れている単語(76%)
※残りは、人名、注釈にある単語 単語は例年同様に中1単語の割合が多く、中3で学ぶ単語は少ない。しかし、文章の中でも重要な部分や問題にかかわってくるところで中2、中3の単語が使用されている。そのため、わからないと文章の主旨をつかむのに苦戦してしまう。 例えば、本文中に中3で習うaccept(受け入れる)という単語が数回出てくるが、その意味が分からないと文章全体の理解が浅くなってしまい、結果として選択問題などで誤答の可能性が高まってしまう。 文章の構成としては、最初にスピーチの主要となる話。次にその経験談、最後に1段落目の内容を繰り返すようなまとめが述べられており、例年とほぼ変わらない。 問題は小問6問。うち選択問題が4問。 (1)は本文の空欄に当てはまる英語を選択する。文法的にあり得るのは関係代名詞である「イ」しかありえないので、そこまで難しくはない。 (2)は本文中の下線部this problemの内容を示した英文を選択する問題。同じ段落にThe number of group members has been decreasing(グループのメンバーは減り続けている)とあるので、正解はウであることが分かる。 (3)は(1)同様に本文の空欄に当てはまる英語を選択する。直前の文章で明の祖父が「私たち自身の手で長い間祭りを存続させてきた。」「彼ら(さおりたち)を祭りに受け入れるべきではない」と言っているので、その返答として適切なものを選べれば正解できる。 (4)本文の内容として合っているものを選ぶ問題。明は第5段落で、「子供の数が減少しているので、祭り存続のために他の地域の人々も受け入れるべき」と言っているので、エが正解と分かる。 (5)本文中の内容に合うように質問に対する答えを英文で書く問題。    ①第3段落にWe need more children for the festival.とあるので、代名詞を変えたThey need more children が正解となる。    ②第5段落に明の祖父と他の少数のメンバーが「we should not」と言っているのがヒント。これは、さおりたちを受け入れるべきではないという意味。「さおりたちを受け入れる」は本文中には書いていないが、それが省略されていることを文脈から気づければ、正解にたどり着ける。 (6)第4段落の要約を書く問題。第4段落の内容を正しく理解し、第4段落で使われている文章を使いながらまとめればできるが、最終問題なので時間が足りなくなる可能性があるということと、書き抜きでは正解できないことなどから難易度はやや高い。
理科
全体分析
全体として難易度は低く、他教科と比較しても出題形式に大きな変更は見られない。一方で、問題によっては原理が理解できていないと正答できない問題も出題されている。また、模試で扱っていない中3最後の単元から2問出題されている。記述問題は昨年度よりも減少しているが、実験の考察に特化した問題となっていた。また、日常生活に絡めた問題が多くなっており、学年や分野をまたいだ出題形式のものも見られる。各学年の知識を断片的に復習していくのではなく、実験からなぜその結果になったのか、原理をとことん理解し、各学年で学ぶ理科との関連性を意識しながら学習していく必要がある。 大問1・2 生物分野 大問1は動物の分類(中1)、大問2は光合成と呼吸(中2)からの出題であった。大問1では(4)で中3最後に学習する生態系からの出題がある。基本的な知識ではあるが、最後に学習する単元というのもあり、単純にそこが復習できていたかどうかで明暗を分ける。大問2では記述問題が2題出題されている。記述量こそ多くないものの、実験考察に関する問題であっただけに、結果のみ知っていれば書ける内容ではない。各単元の実験内容に関して、様々なパターンで演習を行いながら、結果に至るまでの反応・原理をしっかりと理解しておく必要がある。 大問3・4 地学分野 大問3は地層(中1)、大問4は天気(中2)から湿度に関する出題となった。大問3では化石・柱状図に関する問題。登山道といった日常に絡めた出題であるが、勉強の中で地層の傾きを考える問題等に触れることができていれば難無く正答できる問題である。化石に関しても具体例は代表的なもので、基礎の復習ができていれば充分対応可能。大問4では会話文形式の問題で、計算は2問出題されている。うち1問は公式に当てはめれば問題なく取れるが、もう1問は体積や気温の変化など、状況を整理しながら対応していかなければならない問題となっている。 大問5・6 化学分野 大問5は科学技術と人間(中3)、大問6はイオン(中3)からの出題であった。大問5に関しては、中1で学習する「身のまわりの物質」との複合問題となっている。濃度が絡んだ計算問題もあるが、難易度は低い。大問1と同様、中3最後の単元まできちんと復習できていたかがカギとなる。大問6では電池の仕組みの中で、条件を変えた結果どうなるかの考察を求められる問題が出題されており、実験での反応の様子しっかりと理解しておく必要がある。 大問7・8 物理 大問7は光(中1)、大問8は運動とエネルギー(中3)からの出題であった。両大問ともオーソドックスな問題となっており、基本的な問題集で十分対応可能。大問8に関しては中3物理分野から2年連続での出題となっている。
社会
例年と同じく、地理・歴史・公民それぞれ大問2つずつ、計6題構成だった。昨年度と比較すると難易度は下がったが、漢字指定の問題が多数出題された。また、選択肢の数が平均して4択問題が多かったのだが今年度からは6択問題が多くなった。 大問1 世界地理 今年度は南北アメリカ大陸から出題。メルカトル図法、正距包囲図法、世界の諸地域から。の順で出題するのは一つの傾向かもしれない。アメリカの工業に関しては地名と場所の把握まで求められたが、そのほかは州単位での基礎事項を押さえておけば十分に対応可能。 大問2 日本地理(九州地方) 今年度は九州地方。(4)の九州地方の工業に関しては成立の背景を理解しつつ解答を導かないといけない難しさはあったが、そのほかは九州地方の基礎事項を押さえておけば解答は導き出せるかと思われる。今年度は再び地形図問題が復活した。 大問3 歴史(古代~近代) 古代~近代の年表をもとにして答える問題。記述問題も摂関政治の確認、参勤交代の確認程度。基礎事項を押さえておけば十分に対応可能。 大問4 歴史(近現代) 近現代に活躍した女性のカードをもとに答える問題。見慣れない図や表を用いた問題が多く、知識をきちんと押さえておかないと困惑するような問題が多かった。難易度はやや高めかと思われる。自身の持っている知識をもとに答えさせようとする問題も散見された。 大問5 公民(国際関係分野) 教師と生徒のSDGSの会話をもとに国際関係分野とは言いつつも様々な分野からの出題。いずれも基礎事項を押さえておけば、さほどの難易度ではないのだが、国際関係分野は学校によっては受験直前期に学んだばかりの場合もあるので、復習が追い付いていないとやや難易度が上がってしまうかもしれない。 大問6 公民(憲法、政治分野) 教科書の第1章から第3章までの範囲を幅広く出題。(6)までの7問構成。基礎知識を押さえておけば対応可能な問題が多いが、こちらでも国際関係分野の問題が出題。学校進度にかかわらず教科書の最後のページまできちんと押さえておくようにしたい。
※今年度はここ数年の「問いかけ方」による難易度の向上。というよりは「選択肢を増やす」「漢字指定」「中3の3学期内容」といった出題の仕方であったり、学習しきれていないところを多めに出題することによって差をつけようとしているかのような印象を受けた。それ以外の箇所は近現代史を除けば基礎事項の習得でも十分に対応可能なので、公民の最後までやりきること、漢字で書けるようにすることを前提で基礎の充実を図っていくように勉強してほしい。
このページのトップへ